どんな治療法があるのか

カウンセリング

色々な治療法がある

いぼは一度できてしまうとなかなか消すことができないので、気にする人は少なくありません。そのような悩みを持っている人を救ってくれるのが切除術です。皮膚科などの医療機関で診察を受ければ、いぼの切除を行ってくれます。いぼの切除には大きく3つの方法が存在し、それぞれに特徴があります。ただし、医療機関によっては実施しているものとそうでないものがあることは知っておくと良いです。第1は.液体窒素凍結療法です。これは初心者の間でも認知度が高い方法です。名前の通り、液体窒素を使って細胞を凍らせて患部を破壊する方法です。施術当日は痛みを伴うことがあり、患部がうまく取れなければ1〜2週間後に再度処置を行います。第2は電気凝固法です。これは患部に局所麻酔をした後に、電気による熱を利用して焼き切ってしまう方法です。施術後患部が傷つくため、ケアとして消毒が必要です。第3はレーザーによる方法です。これは炭酸ガスレーザーによって組織を蒸散する方法です。いぼの切除では、患部の状態によって医師が適切な方法を選んで治療を行ってくれます。いぼはウイルスが感染することによって生じる皮膚の疾患です。ウイルスの種類や感染した場所によって、様々なタイプのいぼができます。治療法には外用剤を使う方法や、内服薬を使う方法などがあります。ただし塗り薬によっては、かぶれたり刺激ができたりする可能性があるといわれています。また内服薬も長期間服用を続けたり、内服中しか効果がなかったりするものがあります。このようなことから切除術で治療を受けた方が、確実に良くなると考えている人が多く人気となっています。いぼ切除には液体窒素や電気の熱で焼き切る方法、炭酸ガスレーザーによる方法などがあります。いぼは多発したり再発したりすることがありますが、レーザーで焼き切ると1回できれいになることがあります。その点も患者から支持を集めている理由の1つです。いぼは早めに処置をした方が、治療にかかる時間も短くて済むといわれています。そうすれば経済的な負担も最小限に抑えられます。そのため、皮膚に何か気になる腫れものができた場合は早めに受診することをおすすめします。

Copyright© 2018 いぼは病院で適切に切除【見た目にも悪影響を及ぼす】 All Rights Reserved.