患部が綺麗になるのは何故

顔に触れる女性

治療内容を解説

皮膚科などでいぼ切除処置を受けた経験のある人は多いかもしれません。いぼの切除処置には色々な方法がありますが、主流なのは液体窒素を使った処置です。皮膚科に何度か通院して、患部が綺麗なったという人も少なくありません。ただ何故、液体窒素で患部が綺麗になるのか不思議に感じている人もいるでしょう。液体窒素療法とは、簡単に言ってしまえば凍結と融解を繰り返すことで、いぼを切除する治療方法です。液体窒素はマイナス196℃という超低温の液体です。その液体に綿棒などを突っ込んで染み込ませ、患部に当てて低温やけどを引き起こさせます。低温やけどによって、患部の異常な組織を壊死させる仕組みです。すると壊死した皮膚組織の下から、新しい皮膚組織が再生してきます。この処置を行うことで、いぼの組織を除去していくのです。低温やけどを起こさせることから、液体窒素を当てた部位は水ぶくれになります。水ぶくれはやがてカサブタとなり、それが取れればいぼが焼失する仕組みです。カサブタは無理にはがさない方が、痛みが生じないといわれています。皮膚が綺麗になるという理由で人気があるいぼ切除。いぼ切除には色々な治療方法が存在しますが、注意すべきことは保険適用される治療と自費で行う治療がある点です。いぼ治療で保険適用されるものは3つあります。1つ目は液体窒素による治療方法で、最もポピュラーで認知度が高いです。冷たさと痛みを生じることがあり、人によっては何回も繰り返して治療を続けることがあります。2つ目はヨクイニン内服です。ヨクイニンという漢方薬にはハト麦が含まれていて、この薬剤を継続服用していきます。3つ目はいぼ剥ぎです。患部を局所麻酔し、いぼをはぎ取ってしまいます。そして保険診療外の治療法には、局所免疫療法・レーザー蒸散・ビタミンD製剤の外用薬などがあります。保険が適用されないため自費での治療となるため、経済的な負担が大きくなる可能性があります。そのため、治療に関しては医師と相談しながら進めることをおすすめします。ちなみに保険診療と保険診療外を同時に行うことは、混合診療と呼ばれ同時に処置できないことにも注意が必要です。

Copyright© 2018 いぼは病院で適切に切除【見た目にも悪影響を及ぼす】 All Rights Reserved.