施術の種類と必要な回数

医者

原因の違いを知る

ウイルス性以外のいぼは老人性いぼと呼ばれていて、紫外線や加齢が原因です。こうしたタイプを切除する時は、液体窒素による凍結法が活用されます。必要な回数は個人差が多いので、場合によっては数十回施術を行う必要があることもあります。液体窒素を活用する時は、同じ病院に何度も通うことも多いので、病院のことをより知ることが大切です。アフターケアなども、施術を受ける前に十分に確認することが大切です。皮膚は表皮と真皮に分かれていて、皮膚表面に傷ができると、ウイルスが入りこんでいぼが形成されます。いぼの様子は、その中による微小血管を拡大鏡を見ることで確認することができます。微小血管の様子によって、治療の成果を観察することが可能です。切除の方法として液体窒素による凍結法やレーザー治療がありますが、局所麻酔を使用してメスではぎとることもできます。この方法は、他の方法で改善しない時に活用されることが多いです。どのような施術でいぼの切除を行うかは、ケースによって異なります。いぼの原因はウイルスであることがほとんどで、冷凍凝固法などで切除することが多いです。冷凍凝固法では液体窒素が活用されていて、液体窒素は素早くたくさんのいぼを凍らして切除することができます。通常一度では取り切れないので、一週間くらい期間をあけて再度液体窒素を当てる必要もあります。液体窒素による施術はウイルス性のいぼ以外にも、様々な治療で使用されています。ウイルスが原因の場合は表皮層で増殖しますので、レーザー治療でその部分を蒸散させる治療が効果的です。レーザー治療はウイルスの増殖を防ぐ効果がありますし、他の部分への感染を防ぐこともできます。いぼの切除では炭酸ガスレーザーが使用されていて、メスを使用しないので傷跡も残らないです。炭酸ガスレーザーは、水分を含んだ皮膚組織にレーザーを吸収させることが可能です。最新のテクノロジーを活用している炭酸ガスレーザーで、いぼを素早く取り除くことができることはとても便利です。この施術は施術時間が短いですし、一回の施術で治療を終わらすこともできます。

Copyright© 2018 いぼは病院で適切に切除【見た目にも悪影響を及ぼす】 All Rights Reserved.